悪玉コレステロール減らすには?-食品と食事などの改善方法

MENU

悪玉コレステロールを減らす薬と副作用

悪玉コレステロールが通常よりも多くなっている状態のとき、多くの場合は生活習慣の乱れが原因です。治療を行っていく際は、まずは食事療法や運動療法を行って生活習慣の改善を図っていきます。食事療法と運動療法を行ってもコレステロール値に改善が見られない場合、薬物療法を行っていくことになります。
コレステロールを下らすために処方される薬や、その副作用をご紹介していきます。

 

悪玉コレステロールを減らす方法

 

総コレステロール値に異常がある場合、動脈硬化などの原因になる悪玉コレステロールを減らし、悪玉コレステロールを肝臓までスムーズに運んでくれる機能を持つ善玉コレステロールを増やしていく必要があります。
通常の食事に取り入れられる栄養素として、「DHA(ドコサヘキサエン酸)」が挙げられます。「DHA」には総コレステロールのうち悪玉コレステロールだけを減らしてくれる効果があるため、高すぎるコレステロール値を正常な状態に戻すためには大切な栄養素です。また、ブリやサンマなどの青魚に豊富に含まれているため、日常的に食事にも取り入れやすい食品です。
薬物療法を行う場合も、「DHA」が持つ効果と同じような効果を持つ薬を処方されると考えられます。
その主な効果は、悪玉コレステロールを減らす、善玉コレステロールを増やす、中性脂肪を減らすなどです。

 

コレステロールを減らす薬

 

@ スタチン系薬剤…肝臓での悪玉コレステロールの合成を抑える
A 陰イオン交換樹脂…胆汁酸、コレステロールが腸で吸収されるのを抑える
B コレステロール吸収機構阻害剤…小腸からコレステロールが吸収されるのを防ぐ

 

中性脂肪を減らす薬

 

@ フィブラート系薬剤…中性脂肪が肝臓で作られるのを抑える
A ニコチン酸製剤…中性脂肪の合成を抑制し、善玉コレステロールを増やす
B EPA…肝臓で中性脂肪がつくられるのを抑える

 

どんな副作用があるの?

 

コレステロール値を改善していくために処方される薬の多くは、他の薬と比べて副作用は少ないと言われています。しかし、どのような薬であっても副作用が出る可能性はあり、コレステロールに関する薬の場合でも例外ではありません。
一般的に見られる症状としては、腹痛や倦怠感、発疹、また場合によって肝臓機能障害や血小板減少、横紋筋融解症などが挙げられます。
特に横紋筋融解症は、発症することは稀ですが、症状が出た場合ただちに薬の服用を止めることになります。筋肉痛に似た症状ですが、横紋筋が壊れてしまう病気のため早期発見・早期治療が必要になります。筋肉障害に気づいた場合は、すぐに医師に相談するようにしましょう。
このように、副作用の危険性もゼロとは言えませんが、コレステロール値が改善されず動脈硬化や心筋梗塞になってしまうことのほうが恐れるべきことです。先に述べたようにどのような薬にも副作用はつきものなので、かかりつけの医師と相談しながら自分に合った治療法を進めていくことが最も大切だと言えます。