悪玉コレステロール減らすには?-食品と食事などの改善方法

MENU

悪玉コレステロール数値が高い原因

コレステロールは健康を害するものというイメージを持たれがちですが、
実際には健康な体のためにはなくてはならない存在です。

 

しかし、悪玉コレステロールの値が正常より高くなりすぎると、体に悪影響を及ぼす存在となってしまうのです。
悪玉コレステロールが高くなってしまう主な原因をご紹介します。

 

原因@ 食べ過ぎ

 

コレステロールを多く含む食べ物を摂りすぎが、悪玉コレステロール増加の直接的な原因というわけではありません。コレステロールは、20〜30パーセントが食べ物から摂取される量で、70〜80パーセントが体内で合成されることによってつくられています。食事によって摂取するコレステロールの量が多ければ、体内でつくられるコレステロールの量を調整して、コレステロールが必要以上に増加してしまうことを防ぎます。しかし、「食べ過ぎ」によって不要なエネルギーを摂取しすぎると、エネルギー源として使い切ることができずにエネルギーが余ってしまいます。余ったエネルギーはコレステロールに合成されてしまうため、悪玉コレステロールの値が増えてしまう原因になるのです。

 

原因A 肥満

 

「肥満」と言われる人は中性脂肪を多く持っているため、インスリンの働きが低下し、またさらに中性脂肪が増加してしまうという悪循環に陥ってしまうことが多く、結果的に悪玉コレステロールの増加しやすい体質となってしまいます。
また、肥満には皮下脂肪型肥満と内臓脂肪型肥満の二種類がありますが、内臓脂肪型肥満の方が悪玉コレステロールが上昇しやすいと言われています。

 

原因B アルコールの過剰摂取

 

アルコールの過剰摂取は、中性脂肪を増加させ、善玉コレステロールを減少させ、悪玉コレステロールの値を上げてしまう原因となってしまいます。
ただし、適量のアルコール摂取は、ストレス解消や血液の循環を良くするなど、健康のために良い効果を得られるものでもあります。また、善玉コレステロールを増やす働きがあるとも言われています。
アルコールの摂取は適量を心がけ、過剰摂取には注意するようにしましょう。

 

原因C ストレス

 

過剰なストレスが、悪玉コレステロールの増加に影響することもあります。
強いストレスがかかると交感神経が刺激され、副腎皮質ホルモンの分泌が活発になり、遊離脂肪酸の量が増やされることによって血液中の悪玉コレステロールが増えていく原因となります。
また、副腎皮質ホルモンが活発に分泌されると、血管を収縮させて血圧を上げる作用があるほか、血液を固まりやすくして血栓ができやすくなってしまうこともあります。このように、ストレスは悪玉コレステロールを増やすだけでなく動脈硬化の危険因子でもあるため、健康を害する大きな要因となってしまうのです。

 

悪玉コレステロール値を上げないために

 

日ごろの生活習慣の乱れが原因で、悪玉コレステロール値が上がってしまうことがわかりました。さまざまな病気の原因を作らないためにも、普段から食べ過ぎやお酒の飲みすぎは控え、適度な運動を心がけて悪玉コレステロールの増加には十分注意しましょ