悪玉コレステロール減らすには?-食品と食事などの改善方法

MENU

悪玉コレステロールの適正な数値-基準は?

 

 

コレステロールは人間の体にとって不要なものと思われがちですが、体の細胞やホルモンを生成するために必要なものです。悪玉コレステロールと善玉コレステロールがバランスよく存在している状態が、人間にとっては正常で健康な状態であると言えます。
しかし、バランスが崩れて悪玉コレステロールが増えてしまうと、動脈硬化を引き起こしたり、そこからさまざまな病気に発展してしまったりと、健康を害することになってしまいます。
悪玉コレステロールの適正な数値の基準について、しっかり把握しておきましょう。

 

悪玉コレステロールの異常値とは?

 

悪玉コレステロール(LDLコレステロール)が“異常値”とされる基準は、「140mg/dl以上」とされています。悪玉コレステロールがこの数値に達すると、脂質異常症の中の「高LDLコレステロール血症」であると診断されることになります。
「高LDLコレステロール血症」になった場合、食事療法や運動療法で生活習慣の改善を図り、悪玉コレステロールの数値を下げていく必要があります。症状の重さによっては薬物療法で治療していく場合も考えられます。悪玉コレステロールは、増えすぎると動脈硬化の原因となってしまうほか、脳梗塞や虚血性心疾患、糖尿病などの病気に繋がっていく場合もあるので、数値に異常が出た場合は早めの治療を行っていくことが大切です。

 

悪玉コレステロールの基準値とは?

 

血液中の血清LDLコレステロールの数値が、「120mg/dl未満」までの場合、適正域であると言われています。前章で述べたように、「140mg/dl以上」であれば異常であるとされることになり、「高LDLコレステロール血症」と診断されるため治療が必要になります。「120〜130mg/dl未満」である場合、境界域のため基本的に治療は必要となりませんが、動脈硬化に対する他の危険因子が発見される場合、治療を行わなければならない場合もあります。

 

 

悪玉コレステロールを適正な数値にするために

 

悪玉コレステロールが異常値となった場合、適正な数値にしていくために悪玉コレステロールを減らす治療をしていく必要があります。基本的には食事療法、運動療法で悪玉コレステロールの数値を下げていくことになります。
食事方法としては、適正なエネルギー摂取量を心がけるようにする、コレステロールや糖分を多く含む食品の摂取は控える、飽和脂肪酸を多く含む肉類を控える、抗酸化作用のあるビタミンやポリフェノールを含む食品を接触的に選ぶようにする、などが挙げられます。
これらの食事方法を普段から取り入れていくことで、悪玉コレステロールが異常値を示すことを事前に防ぐことができるとも言えます。