悪玉コレステロール減らすには?-食品と食事などの改善方法

MENU

悪玉コレステロールを下げる運動方法

悪玉コレステロールを下げるためには、食事量法網大切ですが、同時に適度な運動も続けていく必要があります。善玉コレステロールを増やし、悪玉コレステロールを減らしていくためにはどのような運動をすればよいのか、しっかり抑えておきましょう。

 

有効的な運動方法とは?

 

有酸素運動を行うことによって体の筋肉が酸素を必要とし、心拍・脈拍が速まります。それによって血行が促進され、善玉コレステロールが増加することになります。つまり、悪玉コレステロールを減らしていくためには有酸素運動を効果的に行っていく必要があるのです。コレステロールを効率的に減らしていくためには、食事療法と運動療法を生活の中に取り入れることで生活改善を行っていかなければなりません。自分に合った運動療法を選び、適度に続けていけるよう、コレステロールを減らすのに有効な有酸素運動をいくつかおさえておきましょう。

 

 

水中ウォーキング

 

水中でウォーキングをすることで、地上でウォーキングをするのとは違った、またそれ以上の効果を得ることができます。
まず、水中では体の抵抗が強いため全身に適度な負荷をかけることができます。さらに、水中での体温の低下を抑えるために、体が自然と体温を上げようとする作用が起きます。それにより、多くのカロリーを消費することができるのです。
水中では、全身に水の抵抗による負荷がかかっていることを意識してバランスよいフォームで歩くことが大切です。これを一か月続ければ、コレステロールは着実に減らしていくことができます。
筋力アップ、血行促進、肩こりの改善なども改善されてくるため、体調の変化によって効果を実感することができるでしょう。また、体重の減少も期待できるので、体重測定とセットとして行うことでモチベーションにもつながり、運動自体を長続きさせていくことができます。

 

Aウォーキング

 

ウォーキングは、もっとも気軽に続けられるためコレステロール値の減少にはとても有効な有酸素運動です。
心肺機能をバランスよく鍛えることが出来、下半身の筋肉を鍛えれば基礎代謝も向上。血行が促進されて善玉コレステロールを増やすことができます。自分のペースを持ちやすいので、無理なく誰でも続けられるというメリットがあります。

 

Bヨガ

 

今や家庭でも気軽に行うことができるようになったヨガ。心拍数を上げることなく長時間続けることができることや、呼吸に注意を払うため最大酸素摂取量や持久力の向上にもなります。
自分流で行っても意味がないので、まずはインストラクターが一連の流れを教えてくれるヨガスタジオに通うことをお勧めします。それが無理なら、市販の本やDVDを参考にしてみましょう。正しい方法で行い、効率的にコレステロール値を減少させていきましょう。