善玉コレステロールとの違い

MENU

善玉コレステロールと悪玉コレステロール

コレステロールが増えると体によくない影響がある、ということは、健康診断などでもよく耳にしますから、気にしている人もいるでしょう。そして、そのコレステロールの中にも、善玉コレステロールと悪玉コレステロールと呼ばれるものがある、ということも、知っている人は多いかもしれませんね。
しかし、その善玉コレステロールと悪玉コレステロールがどんな関係で、どうすれば増やしたり減らしたりできるのか、ということまではあまり知られていないのではないでしょうか。

 

1. コレステロールとは?
そもそもコレステロールとは、人間の体を維持するために必要不可欠な物質です。
細胞膜の構築や維持に必要で、抗酸化剤の役割も果たしていると言われています。
また、脂肪分の消化を助ける胆汁酸の生産にも欠かせない成分ですし、ビタミンA,D,Eなどのビタミン代謝にも重要な役割を担っています。
しかしそのコレステロールが増えすぎたり減り過ぎたりすると、体に悪影響を与えてしまうのです。

 

2. 善玉コレステロールと悪玉コレステロール
コレステロールは、リポタンパクという姿で血液中に存在しています。リポタンパクには二つの種類があり、そのうちのLDLコレステロールがいわゆる「悪玉コレステロール」とよばれるもので、HDLコレステロールが「善玉コレステロール」とよばれるものです。
LDLコレステロールは、体の隅々まで運ばれ、体の維持に必要な役割をはたしていますしかし、余分に蓄積してしまうと、動脈硬化などの原因となってしまうので、「悪玉」と言われています。
それに対して、HDLコレステロールは、体内に蓄積された古いコレステロールを回収して肝臓に送り、体外に排出させる働きを持っているため、「善玉」と言われるのです。
血液中の善玉コレステロールの値が高ければ、不要なコレステロールの回収量が多いことになりますので、悪玉コレステロールの影響も少ないといえます。

 

3. 善玉コレステロールと悪玉コレステロールの適正な値は?
善玉コレステロールも悪玉コレステロールも、どちらも健康な体を維持するには必要な物質ですが、その値が増えすぎたり減り過ぎたりしてしまうことが問題なのです。
これまで、コレステロールについての治療が必要とされるのは、LDLコレステロール(悪玉コレステロール)の値が140r/dl以上か、HDLコレステロールの値が40r/dl未満だと言われていました。
しかし、先ほども述べたように、血液中のコレステロールが悪い影響を与えるかどうかは、善玉コレステロールと悪玉コレステロールのバランスがとれているかどうかです。たとえ悪玉コレステロールの値が140r/dl以下で正常値と判断されても、その一方で善玉コレステロールの値が非常に少ない場合は、実はうまくコレステロールを肝臓に運んで血液中のコレステロール値を正常にする役割ができていないかもしれません。
そのため、最近では善玉コレステロールと悪玉コレステロールの値だけに注目するのではなく、その両方のバランスがとれているかどうかを重視するようになってきました。一般的には、「LDLコレステロール値÷HDLコレステロール値」の値が1.5以下であれば血管内がきれいで健康な状態とされています。2.0を超えると血管内のコレステロール値の蓄積が増えていることが考えられ、血圧の異常や糖尿、心筋梗塞などの前歴がある場合には特に注意が必要だとされています。

 

4. 悪玉コレステロールを増やさないためには
まずは摂取カロリーを必要以上とらないことです。食べ過ぎや脂質分、糖分のとり過ぎは悪玉コレステロールを増やす原因になります。
コレステロールを減らすには、大豆や豆腐などの植物性タンパク質や、キノコや海藻などの水溶性食物繊維を多く摂ることで、コレステロールを減らす働きが期待できます。
また、イワシやサバなどの魚介類に多く含まれている不飽和脂肪酸は、中性脂肪を減らし、悪玉コレステロールの働きを抑制すると言われていますので積極的に取り入れましょう。
コレステロールを酸化させる大きな原因が喫煙ですので、タバコを吸っている人は禁煙しましょう。そして、酸化を防ぐビタミンCやEを多く摂ることを心がけましょう。緑黄色野菜やナッツ類などを多くとるのが効果的です。