悪玉コレステロール減らすには?-食品と食事などの改善方法

MENU

悪玉コレステロールを減らす食品と食事

コレステロールには悪玉と善玉があり、どちらも正常な体の状態を維持していくためには必要なものです。しかし、「悪玉コレステロール」は増えずぎると動脈硬化を進行させ、さまざまな病気に繋がっていくこともあります。
年齢を重ねるごとに、「コレステロール値」が気になってくる人も多いと思います。「悪玉コレステロール」の増加を防ぎ、健康な体を保っていくのに必要な食品や食事についてしっかり押さえておきましょう。

 

コレステロール値はなぜ高くなる?

 

「コレステロール値」が高くなってしまう理由は、未使用のコレステロールが回収されないまま血中にたまってしまうことです。「善玉コレステロール」は血管壁に張り付いた「悪玉コレステロール」を肝臓へとスムーズに運んでくれる機能を持っていますが、総コレステロール値が高くなっている状態の場合、「悪玉コレステロール」が増え「善玉コレステロール」が減ってしまうという傾向があります。
「悪玉コレステロール」が増えていくと、上記に述べたように動脈硬化を促進させ、心筋梗塞や脳梗塞などの命にかかわる病に繋がってしまう可能性もあります。そうならないためにも、「コレステロール値」に不安がある人は「悪玉コレステロール」を減らし「善玉コレステロール」を増やしていくよう、生活改善を行っていく必要があります。

 

コレステロールを下げるのに最適な栄養素とは?

 

コレステロールを正常な状態へと戻してくれる機能を持つ栄養素として、DHAが挙げられます。
DHA(ドコサヘキサエン酸)は、総コレステロール値のうち「悪玉コレステロール」のみを減らしてくれるという機能を持っています。「善玉コレステロール」を減らすことはないため、効率よく「コレステロール値」を正常な状態に戻していくことができると言えます。
また、DHAは中性脂肪を減らすという効果があるという点からも、動脈硬化だけでなくさまざまな生活習慣病の予防にもつながります。

 

どんな食品・食事をとればいいの?

 

DHAを豊富に含むと言われる一般的な食品は、ブリやサンマなどの青魚です。魚は毎日の食事にも取り入れやすい食品なので、意識的に摂取するよう心がけましょう。
一日で摂取すべきと言われるDHAの量は、1グラム程度と言われています。
旬の青魚を週に四回以上食べていれば、必要な摂取量には達することができると言われているので、よっぽどの魚嫌いでなければ無理なく続けられる食事療法であると言えるでしょう。